レイクの180日間利息0円と30日間利息0円はどっちがオトク?

新生銀行カードローンレイクも他の大手消費者金融のように無利息期間があります。
レイク無利息
しかも通常は30日が多い中、なんと180日と30日の2つが選べるのです。

 

自分の返済プランにあった選択することで利息も最小限に抑えることができます。

レイクの180日間無利息サービスの特徴は?

レイクの180日間無利息期間というサービスは、借入金の内5万円までに利息が発生しないというものです。すなわち5万円を引いた残りの借入金には実質年利12.0〜18.0%という通常金利が適用されます。

 

またこの180日間無利息サービスを選んだ場合、契約出来る額は最高で200万円までという点もポイントです。

 

そして、このサービスを利用する上で気をつけなければいけないポイントが2つあります。

  • 無利息期間がスタートするのは借入した日の翌日からではなく契約日の翌日から
  • 無利息期間が適用している最中であっても返済日がくる

単純に考えると、契約と同時に借入をした場合は180日の無利息期間の内、6回返済日が来るという事です。

 

もし、1回でも返済が遅れてしまうと返済日の翌日から金利が発生し、損害遅延金も掛かってくるので注意しましょう。

180日間という無利息期間は、とても長くメリットが高い様に思えますが金利が掛からないのは5万円分のみというところがポイントですね。これで一体どれだけお得になるのでしょうか。

もし、金利が掛からない5万円だけを借りた場合、毎月1万円を返済すると180日間の間に全額返済可能なので利息は0円となります。

 

倍の10万円を借りた場合は、5万円を超えた残りの5万円に通常金利が発生します。

 

もし、金利18.0%で返済回数が12回ならば毎月9000円、12回目のみ5998円となり利息の総額は4998円となるのです。

 

6回目の返済日までは、5万円超過分にのみ年利18.0%の金利が掛かりますが、7回目の返済日からは残額に対して利息が発生します。

これが無利息期間がない場合10万円全額に金利が発生し利息合計額は10016円です。

同じ金額を借りても無利息期間の有無で支払う利息は大きく異なる事が分かりますね。

レイクの180日間無利息期間をお得に使用する為には、契約日から間をおかずに借入をすること。そして無利息期間中に出来るだけ多く返済をするほど、支払う合計利息は少なくて済むという事です。

レイクの30日間無利息サービスの特徴は?

30日間の無利息サービスは、期間は短いものの借入れした全額に金利が発生しないというのが大きな特徴です。また、契約額は500万円までとなり年利は4.5〜18.0%となります。

 

契約額が200万円を超える場合はもうひとつの180日間無利息サービスは選択する事が出来ず、こちらの30日間無利息サービスのみ利用可能です。

ただしこの30日間無利息サービスも、契約日の翌日から期間が発生します。契約から1ヶ月後に借入れをすると、何もしない内に無利息サービスが終了してしまっているので注意しましょう。

契約の翌日に借入れをした場合は、30日間まるまる無利息サービスを利用する事が出来ますが、契約から10日目に借入をすれば無利息サービスが適用される期間は20日間と短くなってしまいます。

 

出来るだけ早くレイクから借入れする事が、30日間無利息サービスを活用する際のポイントです。

 

また無利息期間内にどれだけ多くの金額を返済をしたか、残額をどれだけ減らしておけるかでもその後に支払う利息は異なってくるものです。

契約日に20万円借入れをして、30日以内に全額返済をした場合は利息が発生しません。しかし、無利息期間に10万円しか返済が出来なかった場合、残りの10万円に金利が掛かります。

 

残りの10万円に次の返済日には年利18.0%と仮定すると1479円の利息が発生します。

 

また無利息期間中に15万円返済した場合は、残額の5万円に金利が掛かりますから利息は739円発生となります。

 

このように、30日間の無利息期間内に全額返済する事が出来なくても少しでも多く返済をしておけば、次回にかかる利息を減らす事が出来るのです。

30日間の無利息期間内に返済日がやってきますが、もし初回の返済日にあまりお金を返す事が出来なくても大丈夫です。

 

レイクは、返済日以外にも追加返済をする事が可能なので無利息期間内に出来るだけ追加返済をすれば、その分にかかる利息も当然発生しません。

 

追加返済も利用して30日の無利息期間内に、全額返済もしくは出来るだけ多くを返しておく事をオススメします。

この30日無利息サービスを利用して契約日の翌日に25万円を借りて返済日に全額返金すれば、利息は0円ですが、このサービスを利用しない場合はどうなるか見てみましょう。

年利18.0%で利用した場合、30日間で3698円の利息がかかる事になります。つまり30日間無利息サービスを利用することでこの金額分がお得になるということです。

 

また、50万円を契約日の翌日から30日利用すると7397円分の利息がお得になります。借入額が多いと、それだけ30日間無利息サービスの恩恵を受ける事が出来るのです。

お得になのはどっち?レイクの無利息サービスはどちらを選ぶべき?

レイクの2つの無利息サービスを比較すると、借入する金額と返済回数によってどちらを選んだ方がお得かが変わってきます。

 

1回で返済する場合、5万円までならどちらも同じです。しかし、5万円を超えると30日間無利息サービスの方がお得になります。

 

それはもちろんいくら借りても、1回で返済するなら利息は0円になるからです。

 

しかし、返済回数が6回以上になる場合20万円以下の少額な借入れだと180日間無利息サービスの方がお得になるケースが多くなります。逆に借入れ額が大きくなると30日間無利息サービスの方が、合計支払い利息がお得になるのです。

レイクは毎日約1160人の新規申込み!(レイクIRデータ参照)

1時間で50人の方が新規申込みしています!


レイクでお金を借りる


審査結果のお知らせ時間→平日・土曜・日曜・祝日8時10分〜21時50分・毎月第3日曜日8時10分〜19時 ※年末年始を除く