アコムとライバル会社の関係とは

アコムは比較的審査通過率が良い方です。

 

しかし、審査に全ての人が通る訳ではありません。中にはアコムに最後の願いを託して申し込みをしてくる人もいます。そういった方々も玉砕してしまうケースもあります。そういったお客さん達は一体どこに行くのか?

答えは中堅の消費者金融です

大手消費者金融と中堅消費者金融ではストライクゾーンが違います。間違いなく、中堅消費者金融の方がストライクゾーンは広いです。

 

その為、アコム等の大手消費者金融で否決になった人も、中堅消費者金融では一転否決が可決になります。

 

正直、中堅消費者金融のストライクゾーンはここまでストライク?と思うほど広いです。

 

その為、アコムで否決になった人達は中堅の消費者金融の存在を知ると直ぐに申し込みをします。

 

中堅消費者金融はかなりギャンブルプレーをします。アコムでは到底考えられない客層まで一気に取り込んでしまいます。

中堅消費者金融にしてみたら新規顧客の殆どが大手消費者金融のおさがりと言っていい状態

その為、大手消費者金融のように選り好みが出来ません。これは結構痛いです。

 

しかし、そこで立ち止まってもいられないので、ドンドン申し込みがあったお客さんを審査し、かなりの確率で可決に持っていきます。

 

なかなか中堅消費者金融もやるなと言った感じです。大手では完全にストライクゾーンでないお客さんを引っ張り込むだけの力はあります。それで運営が成り立っているのですから大したものです。アコムとその他の大手消費者金融もストライクゾーンが少し違います。

特にアコムとモビットはストライクゾーンがアイフル・プロミスより更に違ってきます

モビットのストライクゾーンが狭いです。大手消費者金融でもストライクゾーンはかなり違います。

 

但し、一応のゾーンは共通している部分もあります。大手消費者金融はアコムを中心に回っています。

 

そして、ここに来て、力をつけてきているモビット。完全WEB完結が最大の売りです。

 

在籍確認が嫌いな人には絶好の会社です。大手消費者金融の中では、1番審査が厳しいと言われています。

 

実際、モビットで否決になったという声を良く耳にします。モビットとアコム人気の上では依然アコム優勢です。

完全に在籍確認がないモビットも確実に会員数を伸ばしてきています

今後アコムの最大のライバルになる可能性があります。潜在能力では1番モビットが高い物を持っています。アイフル・プロミスは今の所大きな動きを見せていません。最近プロミスが在籍確認なしを本格的に始めたくらいです。

 

今の時代在籍確認があるかないかでかなりお客さんのイメージが違ってきます。アコムはまだネームバリューで押し切ってしまっています。

 

中堅はアコムなどがこぼしたお客さんを集客する作戦がスタンダードになっているので、1番最初に中堅消費者金融に行く人は先ずいません。

 

最初から中堅消費者金融に行く人は少し変わり者の人とも言えます。しかし、どこでお金を借りるかは、その人の価値観一つですからね。

お金を借りる人からしてみたら大手だろうが中堅だろうがしっかりお金を貸してくれれば問題はない訳です

法定金利であればそれで良いのです。アコムは上限金利は18%です。そして、中堅消費者金融も上限金利は18%です。

 

つまりアコムも中堅消費者金融も上限金利は変わらないのです。そうなると何が違うか?借りている会社が有名かそうでないかだけです。

 

お金を貸してくれる会社に変わりはありません。その為、最終的には中堅の消費者金融が拾ったお客さんも、最初からこれなら中堅消費者金融で良かったと言う事になります。

大手消費者金融で否決続き・・・。もうこの時点で気分はブルー

否決されて楽しい訳がありません。大手消費者金融の最後の頼みの綱がアコムである事は間違いないでしょう。なかなか厳しい部分がお金の場合はどうしても多くなってしまいます。お金に関してやはりシビアになってきます。

 

消費者金融にしたら、大手も中堅も貸したお金が利息を付けて返してもらえたらそれでいいのです。その基準が各消費者金融で異なり私はストライクゾーンに例えて書いている訳です。

 

中堅消費者金融は、そのストライクゾーンが冒頭から説明している通りかなり広いです。

ストライクゾーンを大手消費者金融と同じだとお客さんを拾う事が出来ません

ここが中堅消費者金融の1番苦しい所ではありますが、ここが裏を返せば1番の収穫どころでもあるのです。ここは大きなポイントになってきます。大手消費者金融が見切った人達を迎い入れる訳です。

 

しかしここはかなり勝負がかかっています。この相関図を見ると、アコムもアイフル・プロミス・モビットからこぼれたお客さんを拾っているように見えますが、中堅消費者金融と大きく違う点はアコムは自力で集客能力があると言う事です。

 

アコムは自力がありますから、優良客もドンドン入ってきます。ギリギリラインの人も勿論いますが、優良客に比べたらその数は少ないようです。

 

なかなか難しい所ですがアコムにしてみたらこのスタンスで言い訳です。

アコムは最大手ですからお客さんの取り込み方は様々な方法があります

先ずは大手各社に言える事ですが、広告費をかなりかけています。

 

その中でもアコムが1番広告費をかけているのではないでしょうか?そうなるとそれ相応のお客さんが来てくれないと困る訳です。アコムのコマーシャルや駅の看板広告にネット広告あらゆる媒体にアコムは広告を打っています。その広告構成で新規顧客が集まってきます。

 

後はアコムの最大の売りであるスピード審査。これは業界最高水準です。アコムのスピード審査に敵う会社は皆無です。あそこまで速いと本当にちゃんとした審査をしているのか?と思ってしまいますが、勿論キチンと調べるところは調べています。

 

中には審査が1時間以上になるケースもあります。このケースは審査担当者がもう少し詳しい審査が必要と判断した時に時間がかかります。これだけは仕方がない所です。それでも審査してしっかりお金を貸せると判断をすれば融資をします。

 

ここは貸さないべきと判断すれば融資はしないだけです。アコムを取り巻く環境はこの様な感じですが、アコムの安定感が非常に光る内容なのが良く分かると思います。