アコムで最速でお金を借りる方法

アコムで融資を受ける最速の方法について徹底解説

なるべく早くアコムで融資を受けたい方は大勢います。審査や振込みに時間がかかってしまえば、必要なときに間に合わないこともあります。それくらい、融資のスピードは大事です。

 

融資のスピードを上げる方法としては、パソコンまたはスマホから事前申し込みを活用するのがおすすめです。いきなり店舗に行って申し込みをするのではなくて、ホームページで事前申し込みをしておくわけです。

 

お試し診断がありますから、ここで自分が融資を受けられるかどうか、簡単にチェックすることができます。

 

お試し診断で不可となれば、店舗で申し込んでも結果は同じです。

 

あらかじめネットで診断を受けておくことで、無駄な手間を省くことが可能です。ネットで申し込み・診断を済ませておいたうえで、店舗に行きます。本人確認書類を提出して、契約にいたります。

 

契約が完了すると、カードが発効されます。

 

運転免許証などの本人確認書類を忘れてしまうと、契約できません。また家に帰って持ってくるのはロスタイムになりますから、必ず忘れないように持っていきましょう。

自動契約機「むじんくん」で契約

ネットで申し込んだ後、店舗に行かずとも、自動契約機のむじんくんで契約をすることが可能です。

 

むじんくんに必要書類を提出します。書類を提出すると、本審査が始まります。この場合の必要書類は、基本的に本人確認書類だけです。ただし、借入額が50万を超える場合、50万円以下でも自営業者の場合には、収入証明書も合わせて提出することが求められます。

 

むじんくんには、スキャナーのような機器が搭載されています。これに、持参した書類を読み込ませて、提出するというシステムです。

 

操作は非常に簡単なので、機械にうとい人でも大丈夫です。もしも、やり方がわからない場合には、備え付けの電話がありますから、こちらで聞くこともできます。

 

書類を出してから、本審査が通過するまでは、最短で30分ほどです。本審査に通過できれば、契約書やカードが発行されます。受領書にサインをして、再びスキャナーに読み込ませます。これによってアコムへの提出が完了し、契約も締結されます。

 

契約が締結されれば、すぐにそのカードを使ってむじんくんから融資を受けることができます。

振込先を楽天銀行にすると早くなる

楽天銀行を指定すると、より早く融資を受けることができます。

 

自分で、自由に振込先口座を指定します。楽天銀行は、24時間いつでも振込みを受け付けています。そのため、契約した当日に融資を受けることも可能なわけです。

 

他の銀行だと、営業時間に左右されて、夕方2時半を過ぎると、翌日まで振込みが反映されないことも多いです。

なんでネット申し込みのほうが早いの?

ネット申し込みは、365日、24時間受け付けています。

 

自分の空いた時間に、いつでも行うことが可能です。それこそ、待ち時間もないので、無駄な時間を省くことができるわけです。

 

特に移動時間もいりません。こういった時間の節約が、ネット申し込みのほうが店舗よりもおすすめな理由です。

 

申し込みフォームも、わかりやすいつくりになっています。初めての方でも戸惑うことなく入力をすることができます。

申し込みに必要な種類に漏れがないように

申し込みに必要な書類に不備があると、それだけ融資に遅れが生じてしまいます。ですので、必要な書類は不備なく揃えておかなければなりません。

 

特に本人確認書類と、収入証明書が必要になります。

 

本人確認書類は、運転免許証、パスポート、保険証が該当します。収入証明書は、源泉徴収票、確定申告書などです。

 

該当書類を持参しても、以下の点に注意が必要です。

  • 最新のものか
  • 現在の住所が記載されているか

収入証明書も1年前のものでは駄目です。確認書類の住所が、引っ越す前の住所ではやはり無効です。

 

このように、しっかりと最新の情報が記載されているかどうかのチェックが重要になります。

 

このような書類に不備があると、アコムから再送付・再提出が求められます。再提出すれば契約を結ぶには問題ありません。ただし、最速で融資を受けたい人にとっては、大問題です。大幅に融資の時間が遅れてしまうからです。

職場に連絡がこないか心配

最速で融資を受けたいけれど、職場に連絡がくるなら躊躇う人は多いです。

 

特に急いでいるからこそ、それによってミスをしてしまわないか心配は大きくなるものです。

 

結論としては、職場に連絡があります。

 

これは、実際に提出した書類の事実に間違いないかどうかをチェックするためです。在籍確認の意味で、職場に連絡があるわけです。

 

ただし、その際にアコムの者ですが……、などと言ってかけてくることはありません。あくまで個人の名前で、自分がいるかどうか尋ねてくるだけです。そのため、職場の人に自分がアコムを利用していると判明してしまうことはありません。

 

自宅には連絡がありませんから、家族に知られてしまう心配もないです。

アコム公式サイト