アコムの審査で落ちないように気をつけたいポイントとは

普通に働いておりカードローンの利用が初めてという方なら心配はいりませんが、過去にちょっとしたお金の問題があった方などは審査に不安があります。

 

アコムの審査に不安がある方は以下のチェックポイントを見直してみましょう!※審査の通過を保証するものではありません。

他社からの借入は大丈夫か

ここで分類されるお金の借り入れは大きく分けて2つあり、アコムなどの消費者金融に分類されるお金の借り入れは総量規制という法律により年収の3分の1までしか借り入れることができません。

 

ただしこれには住宅ローンや車のローンは含まれません。

アコムなど アイフル・プロミスのどの消費者金融系。総量規制に含まれる
住宅ローンなど 自動車ローン、銀行カードローンなど。総量規制に含まれない

つまり年収400万円の方が他の消費者金融で120万円借りているとアコムでの審査に通らないということになるのです。

 

審査に通らないというより審査の対象にならないと言ったほうが正しいかも…

 

逆にそうした借り入れはないが住宅ローンや銀行でのカードローンの利用はあるといった場合は基本的に気にする必要はありません。

 

ただし住宅ローン、車のローン、家電のローン、携帯電話のローン等々ローンばかり組んでいると好印象は持たれません。

 

また近年銀行のカードローンは貸し過ぎが社会問題化しているので自主的に年収の3分の1しか貸してくれないところが増えています。

 

今まで借りてこなかった人はクリーンですし、借りてこられた方もそれなりに信頼があるからお金を借りられています。

 

規制に引っかかっていなかったり極端な借り方をしていなければ大きな問題ではありません。

同時に何社も審査を申し込んでいないか

一般的に「申し込みブラック」といわれ、複数の金融会社に一気に申し込みをしてしまう行為のことです。

 

アコムに限らず審査のときには金融業界でほぼ同じ情報調査機関を利用します。

 

これは申込みをしたかどうかの情報も記録されるので「Aさんがアコムに審査を申し込んで落ちた」といったことも各社に筒抜けなのです。

 

例えばプロミスで審査に落ちたから次はアコムで落ちるかというと100%落ちるわけでもありません。

 

ですが実際にはなにか問題があって審査に落ちるわけですし、各社警戒して審査を落としてくることは否めません。

 

「数撃ちゃ当たる」という感覚で審査を乱れ打ちしたくなるほど逼迫した状況もあるかも知れません。

 

しかし逆に自分の首を絞めてしまうことにもなりかねないので落ち着いて審査の申し込みを行いましょう。

過去に他社で悪質と判断されるような滞納がないか

これが一番の心配の種ではないでしょうか。

 

延滞して電話がかかってきた。督促状が届いた。

 

などの経験があるとどうしても気になりますよね。

 

ただし延滞と言っても「うっかり返済日を忘れていて翌日には返済した」などの軽微の場合にはさほど問題化することはありません。

 

電話がかかってきたとしても「うっかり」レベルの話であれば良いですが、何度も返済を催促されているのに誠実に対応しなかったりすると審査で落とされる危険性が高まります。

 

さらにどんな事情があったにせよ督促状が届くようなことがあると審査に通るのは大変難しいでしょう。

 

では一生無理なのか?というとそんなこともありません。

 

年単位で時間が経過したり、最近の返済状況や年収から総合的に審査して問題なければお金を借りることができます。

審査の申込み内容に虚偽がないか

ついついやってしまいがちなのがこのパターン。

 

特に勤続年数はごまかしやすい感じがしてしまいますが健康保険証の資格取得年月日を見ればバレてしまうこともあるので注意です。

 

パート・アルバイトの場合は健康保険証を持ってないケースもありますが見栄を張るのはやめましょう。

 

住所についても本人確認書類でチェックされますし、運転免許証などの顔写真が入っている書類を持っていないと住民票などの提出を求められることがあります。

 

また書類提出が手渡しではなくネット経由だからといって偽造した文章を使うと犯罪になります。

勤続年数は充分か

先ほど虚偽しやすい項目としても出ましたが1〜2ヶ月ほどの勤続年数では厳しいでしょう。

 

やはりそのくらいの日数では転職してしまう可能性もありますし、研修期間や日割り計算での給料になったりと正確な年収の把握も難しいのです。

一定の収入がある仕事をしているか

一定の収入って何円からなのかはそれぞれ審査基準が違いますが、結局は年収の3分の1までしか借りられないので必然的に金額は定まってくるかと思います。

 

極端な考え方をすれば月収3万円なら年収は36万円になり10万円は借りられるという考え方はできます。

 

よく「専業主婦はなんで借りられないの?」という話を聞きますが、そもそも収入が0円なので3分の1という概念が成り立たず貸したくても貸せないということなのです。

在籍確認はできるか

必ず付いてまわるのが在籍確認です。

 

きちんと働いている確証を得るために審査時にアコムから職場へ電話連絡をするというものです。

 

これを拒否してしまうと確認が取れないので審査に落ちることになってしまいます。

 

でも日曜で会社が休みとか営業中心の会社で事務所に誰もいないとか大会社なので個人情報は教えてくれないなどの問題もあります。

 

そうした時は後日アコムから職場へ電話をかけたりして確認を取るのが基本です。

 

ただし個人情報を一切教えない会社が多いのも実情です。

 

そうした場合に備えて健康保険証で確認を取るなどアコムは相談に乗ってくれるので、不安があるときには申込み後すぐにアコムへ確認を取りましょう。

年齢は大丈夫か

アコムの審査申し込み基準は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっています。

 

こうなると上限はなく20歳以上なら何歳でも借りられるの?となってしまいますが実際はそうではありません。

 

アコムの3秒診断コーナーを見ると「20歳〜69歳の方が対象です」との記載があります。

 

よっって上限は69歳ということになります。

 

年配の方の収入についてですがアコムの審査において年金は収入として認められませんので気をつけましょう。