返済で便利な3つのポイント

アコムは返済時にも便利なポイントがあります。

利息は利用した日数で日割り計算できる

契約時の返済サイクルよりも短く返すことができ、利息も利用日数に応じて加算されるので、1日でも早く返済すればその分支払う利息が少なくて済みます

返済がキツイときには減額して返済が可能

約定返済金額として元金も含めた返済金額が決まってはいますが、それとは別に「最少返済金額」があります。とりあえずこれだけ払えば延滞は回避できます

返済期日を知らせてくれるメールサポート

忘れがちな返済日を知らせてくれるメールサポート。「返済期日当日」「返済期日3日前」「返済期日経過後」があります

早ければ早いほど支払額を減らせる

アコムでは返済期日が決まってはいますが、それより早く返してしまうことでその分利息の支払いを少なくできます。これは利息の計算が日割りで行われるためなのです。
アコム利息支払いサイクル

 

利息の計算方法
借入残高×借入利率÷365×利用日数

10万円を30日間18.0%で利用した時
10万円×0.180÷365日×30日=1,479円

自分の返済期日を確認して上手に返しましょう。

契約時の返済期日は3通り

 

 

35日毎の返済 返済期日は前回の返済日翌日から数えて35日目になります
毎月指定日返済 返済日を自分で設定できます。この場合返済期日より15日以上前に入金すると前月の追加入金の扱いになるので注意してください
口座振替(銀行引き落とし) 毎月6日に自動で引き落とされます。この場合不可能ではありませんが自動で引き落とされるのが大きなメリットなので、あえて早めに返済というケースは少なくなりそうです

 

早めに+できるだけ多く返すことで後々の元金も減って支払額を減らしていけます。

POINT一括返済も可能です

借りている残高が残り少なくなってきてまとめて返済できるときには一気に返してしまいましょう!

返済額を一時的に少なく出来る最少支払金額とは?

少なく出来ると言っても最終的な返済総額が減るわけではありません。むしろ毎回の返済額を抑えると支払期間が伸びることにつながります。

 

月々返済する約定返済金額ではなく、利息以上だけ支払う最少返済金額があります。

 

 

約定返済金額 元金+利息の返済金額(契約時に決定)
最少返済金額 借入金額に一定の割合をかけた金額(明細にも記載される)

 

お知らせメールで返済忘れを防止

アコム返済お知らせメール
忙しくてうっかり返済を忘れた…ありがちなパターンですが返せるお金はあるのに自分の信用情報に傷がつくことになったら勿体無いものです。

 

自分で振込をして返済する形式に限らず、銀行からの自動引き落としの場合でもうっかり残高不足ということがあるかもしれません。

 

しかしメールでお知らせが来れば、思い出すキッカケになります。

 

しかも返済期日までには2回届くので、返済や銀行残高の確認作業には充分時間が取れると思います。

困ったときにはアコムに相談できる

アコムはネット申し込みや自動契約機(むじんくん)が中心ですが電話による相談窓口も設けられているので、実際に困ったときにはアコムへ直接相談してみましょう。

アコムの即日融資は2通り!

振り込みで借りる
24時間土日も振込可・来店不要
申込み時が遅くなっても翌営業日9:30には振り込み
店舗で申込む
カード受取り後その場で借り入れ
ネット申込み後、近くのアコムでカードを受取りATMですぐ出金

店舗利用の前にネットで事前申込みしておくと手続きは最短5分!

アコム公式サイト

アコムの審査・申込み必要書類

アコムは少ない書類で申込み・審査が可能です。

@申込みはどちらかでOK
免許マイナンバーカード
または
A申込みできますが追加書類が必要

免許マイナンバーカード顔写真が入っていないので以下のいずれかが追加で必要です。

  • 住民票
  • 公共料金の領収書
  • 納税証明書

アコムから50万円以上借りる時、または他社借入を合わせると100万円以上となる時は別途収入証明書類が必要です。