レイクALSAは外国人でも借り入れできます

この記事を読んでいるということは、レイクALSAに外国人が申し込めるのか知りたいのだと思います。

 

レイクALSAは外国人でも申し込み可能ですが、日本の永住権を持っていることが条件となります。

日本の永住権を持っていれば、誰でも申し込みできるの?

うんうん、気になりますよね!

 

基本的には永住権があれば申し込みできますが、外国人がレイクALSAの審査に通過するためには、幾つかの注意点があるんです。

 

ここでは、外国人が申し込むときにはどのような書類が必要なのか、また審査に通過するためのコツなどを紹介していきますので、申し込み前に参考にしてみてください。

 

外国人がレイクALSAを利用できる条件

ではまず、レイクALSAに申し込みできるのはどのような人なのか、一般的な利用条件について確認していきます。

 

また外国人の場合には、どんな条件が追加されるのかも合わせて確認していきましょう。

20歳以上の本人に安定継続した収入があること

外国人に限らず、レイクALSAは20歳以上で安定継続した収入がなければ申し込みができません。

正社員じゃないんだけど、大丈夫かな?

はい、大丈夫ですよ!

 

正社員に限らず、安定収入があれば派遣社員やアルバイト、パートでも申し込みは可能です。

 

逆に、高収入があっても毎月安定しない職業の場合は審査落ちする可能性があるため、注意が必要です。

日本に永住権がない場合は利用できない

レイクALSAに外国籍の人が申し込みする場合、必ず日本に永住権がなければ利用できません。

 

そのため、申込時には永住権を確認できる書類を提出する必要があります。

 

他の大手消費者金融では永住権までは求められないことが多いため、レイクALSAは少し外国人に厳しいとも言えますね。

永住権がない場合はどうすればいいの?

うーん、そうですね・・・。

 

アコムの利用はできないため、他の金融機関に申し込む方法と言ったがありますよ。

 

例えば、アコムでは在留カードか特別永住者証明書が提出できれば、永住権がなくても申し込み可能です。

 

永住権を持っていない外国人は、アコムなど他社で申し込むことをおすすめします。

 

詳しくは「アコム 外国人」で検索してみてください。

 

外国人がレイクALSAに申し込むときに必要な書類とは?

レイクALSAで外国籍の人が申し込みをするときに必要な書類は、下記のものです。

  • 永住権を確認できる在留カード
  • 特別永住者証明書

在留カード

在留カード

 

特別永住者証明書

特別永住者証明書

 

でも、上記の確認書類の名前がアルファベット表記になっている人や漢字氏名を持っていないという人もいると思います。

 

その場合は、レイクALSAの専用フリーダイヤル(0120-09-09-09)に電話を掛ける必要があるため、初めから電話で申し込みをすることをおすすめします。

 

また、レイクALSAでの希望額が50万円以上、または他社借り入れと合わせて100万円以上になる場合は、収入証明書の提出が必要です。

 

収入証明書とは下記のようなものです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2か月分)
  • 住民税決定通知書/納税通知書
  • 確定申告書
  • 課税証明書

外国人の場合は、借入希望額が50万円以下であっても提出が求められることがあるため、事前に用意しておくと安心ですね。

 

\ 最短15秒で審査結果を表示!

お申込みはこちら

 

レイクALSAの審査に通過するための3つのコツ

外国人が少しでも審査に通過しやすくなるコツが3つあります。

  1. 日本語が分かること
  2. 在籍確認が取れること
  3. ひとつの場所に長く住んでいること

レイクALSAの審査に通過することは、外国人には少しハードルが高いと感じるかも知れませんが、これらのコツを押さえると審査に有利になる可能性があります。

 

では、順番に確認していきましょう。

1.日本語が分かること

レイクALSAに申し込みをするときには、すべて日本語で書かれた申込書に記入(入力)する必要があります。

 

そのため、自分で日本語が読めて、書くこともできる人でなければ申し込み自体が難しくなります。

 

また、レイクALSAから本人確認や申し込み内容の確認のための電話が掛かることもあります。

 

電話の会話内容を理解してレイクALSAからの質問に答えることができれば、審査がスムーズにすすんでいくでしょう。

2.在籍確認が取れること

レイクALSAは、必ず申込時に申告した勤務先に在籍確認の電話を掛けています。

 

在籍確認の電話を掛ける目的は、申込者に返済能力があるのか確かめるためです。

 

そのため、外国人に限らず、日本人であっても在籍確認がスムーズにできないと審査に落ちる可能性があります。

アルバイトやパート、派遣社員など、勤務先で在籍確認ができない可能性があるという人は、事前にレイクALSAに電話で相談してください。

また、派遣社員の人は、申込時に派遣先か派遣元どちらを登録するか迷いますよね。

 

レイクALSAでは、派遣先がずっと同じところだという人は派遣先を、よく勤務先が変わるという人は派遣元を登録することをすすめています。

 

在籍確認が取りやすい方の勤務先を申告するようにしてください。

3.ひとつの場所に長く住んでいること

永住権がある外国人であっても、住まいが定まっておらず、点々と引っ越しを繰り返していると審査で不利になることがあります。

 

住まいが落ち着かないことで、日本に安住するつもりがなく、そのうち帰国するかもしれないと思われる可能性があるためです。

 

必ずしも持家に住む必要はないですが、賃貸でも居住年数が多いほど返済能力があるとみなされます。

 

申し込みから借り入れまでの手順

では、レイクALSAに申し込む具体的な手順を紹介します。

 

申し込みから契約、借り入れするまでの流れをあらかじめ知っておくと安心ですよね。

 

では、順番に確認していきましょう。

申し込み方法は電話がおすすめ

レイクALSAは通常、Webや電話、自動契約機での申し込みが可能ですが、外国人はこの中で電話での申し込みがおすすめです。

なぜなら、外国籍の人が提出する在留カードなどの名前欄がアルファベット表記になっている人や、漢字氏名を持っていない人は、必ず電話で申し込みをする必要があるためです。

在留カードなどの名前が漢字表記されている人であれば、Web申し込みや自動契約機での申し込みが可能です。

 

氏名欄の表記方法によって申し込みできる方法が違うため、申し込み方法を間違えないようにしてください。

書類はWebや自動契約機で提出

レイクALSAでWebや電話で申し込みをした場合、その後にWebか自動契約機で書類を提出します。

 

近くに自動契約機がないという人も多いため、Webで提出する方法がおすすめです。

Webでどうやって提出するの?

うんうん、初めてだとちょっと不安ですよね!

 

Webの場合は提出する書類をスマホなどで撮影して、写真をアップロードするだけなので簡単ですよ。

 

撮影した写真が鮮明でない場合は再提出となるため、はっきりと文字が読める写真を送信するようにしてください。

審査に通過後に契約

レイクALSAの審査に無事に通過すると、その後は契約に入ります。

 

契約方法はWeb契約か自動契約機を選択できます。

Web契約の場合はカードが発行されず本人名義の銀行振込での融資となるため、コンビニATMなどでの借り入れができません。

 

自動契約機での契約は、その場でカードが発行されるため、そのまま提携先のコンビニや銀行などのATMで借り入れをすることができます。

Web契約でも申請すればカードを郵送してもらえますが、送られてくるまでATMは利用できないため、すぐにATMで借りたい人は自動契約機での契約をおすすめします。

 

\ 最短15秒で審査結果を表示!

お申込みはこちら

 

レイクALSAの在籍確認の流れ

ではここで、レイクALSAの審査で必ず行われる在籍確認の流れを紹介します。

在籍確認って、どんなことをするんだろう?会社にバレないかな?

そうですよね、会社にバレないか不安ですよね!

 

でも安心してください!

 

レイクALSAでは社名を名乗らずに個人名を名乗って掛けてくれるので、勤務先の人にバレることはありませんよ。

 

「でもやっぱり不安だ」という人のために、実際の会話内容を紹介しておきます。

レイクALSA
「〇〇(個人名)と申しますが、〇〇(申込者)さんはいらっしゃいますか?」

勤務先の電話応対者
「〇〇(申込者)は外出しております。」

レイクALSA
「そうですか。ではまた改めさせていただきます。」

このように、申込者本人が電話に出ない場合でも「席を外しています」「本日はお休みを頂いております」など、本人が在籍していることが分かる回答をもらえれば、それで在籍確認は完了します。

 

ただし勤務先の電話応対者が「〇〇というものはおりません。」というような回答だった場合は、在籍確認ができなかったとして審査落ちする可能性が高いです。

在籍確認の電話については相談も可能

勤務先で在籍確認の電話がうまくいかない可能性がある人は、レイクALSAに電話で相談すれば、書類の提出で在籍確認ができる場合もあります。

 

在籍確認の電話が失敗しやすいのは、アルバイトやパート、派遣社員として働いている人の場合です。

 

派遣社員やアルバイトなどの場合、勤務先の電話応対者が派遣やアルバイトで働いてるいる人全員を把握しているとは限らないので、「そんな人はいません」と回答される可能性がありますよね。

 

このように勤務先に在籍確認の電話が掛かっても在籍していると回答してもらえない可能性がある人は、申込時に電話で必ず相談してください。

 

\ 最短15秒で審査結果を表示!

お申込みはこちら