アコムは2018年から2019年の年末年始もほぼ通常通りの営業

2017年〜18年を元にした予定です。最新情報が出た際に再度更新いたします。

  • 振込融資は4日から可能(3日まで銀行が休みのため)
  • 自動契約機(むじんくん)は1日のみ休み(大晦日は18:00まで)
  • 年末〜元日のお申込みは1月2日以降に順次審査回答
  • 4日のアコムATMは混雑予想。振込融資にしてコンビニ利用がオススメ

店舗窓口はお休みですが、ATMや自動契約機(むじんくん)はほぼ平常通りの営業となります。

ネット申込 ATM 自動契約機(むじんくん) 店舗窓口
1/1(火)

24時間

24時間

休業

休業

1/2(水)

8:00〜22:00

1/3(木)
1/4(金)

9:30〜18:00

年末年始は大変込み合うので新規契約を検討中の方は早めの申込がおすすめです!

インターネット

インターネットによる申し込みは年末年始でも通常通り24時間受け付けています。

 

急ぎの場合にはこれらの方法で申し込みをして審査を通過した後、自動契約機からアコムカードを受け取り、その場でカードローンを利用できます。

自動契約機(むじんくん)

12月31日は8:00〜18:00まで。1月1日元旦は休業です。

 

大晦日に即日融資を希望する場合いつもより早めの申し込みが必要です。

 

普段より利用される方が多くなります。

 

普段より審査に時間が掛かる可能性があるので余裕をもって申し込みを行ってください。

ATM

アコムのATMは店舗の併設されている場合と、自動契約機(むじんくん)と一緒に設置されている場合がありますが、どちらも年末年始も休まず営業を行います。

アコムの店頭窓口

アコムの有人店舗は2017年の年末は12月29日までが18時まで(店舗によっては19時まで)の通常営業で、30日から翌2017年の1月3日までの4日間は休業になっていました。

 

この4日間は完全な休業となる為、店舗で直接返済を行っている人は注意してください。

 

ただしATMが併設されている店舗の場合はそのATMコーナーはこの限りではありません。

この期間中に返済日がある場合は注意

本来はこのアコムの店頭窓口が休業中の12月30日〜翌1月3日までの間に返済日があった場合、全て翌1月4日になります。

 

該当する人には前回の返済日の際に、”次回の返済日のご案内”という形で明細票などによってその旨が伝えられていると思います。

 

上記の通り、12月30日〜翌1月3日の間もATMが営業を行っているのでこの期間中でも返済は行えますが返済自体は1月4日付です。

 

例えば本来は30日が返済日だった場合、それが翌1月4日になることで普段より5日分の金利が今回の返済に限っては余計に請求されることなります。

 

返済金額によっては千円単位で返済するべき金額が増えることになるのでいつも通りの金額の返済を行わないように気を付けてください。

 

もし返済金額が不足していると遅延扱いにされてしまいます。

次回はその分が返済金額より減ります

この期間中に返済日があったことで翌1月4日になってしまった場合この返済に限っては余計な金利まで支払う必要がありますが、もちろんこの分は次回の返済時には差し引かれるのでこの金利の分だけ損をしてしまうということはありません。

 

金利は1日単位で計算されているのでいつもなら30日分の金利を支払っているところが35日分になった場合次回は25日分になるということです。